なぜほとんどの韓国アイドルは7年契約なのか、意外と深い理由があった

K-pop

韓国アイドルは日本のアイドルとは違い、グループができると自然と解散するまで活動し続けるシステムとは違い、ほとんどが契約期間が決まっています(むしろかなり短く限られている)

ほとんどの韓国アイドルは『7年』という期間で契約することが多く、この7年には短かったり長かったり、いろんな捉え方ができますが、この限られた契約期間があるからこそ、今、応援できる間に応援しておかなければ、いつ契約が切れてグループが解散するかはもう目に見えているので、よりいっそう愛情が深くなったりすることもありますよね

そこで今回は韓国アイドルの契約はなぜ7年契約なの?、7年契約にどんないい点や悪い点があるの?という疑問に答えていきたいと思います

本記事の内容

・そもそも契約って?

・日本のような長期契約だと奴隷契約とみなされる

・ちょうどいい契約期間が7年

・契約期間の種類(2年/7年/10年)

・ほとんどのアイドルが7年契約満了でグループの生涯も終える

・魔の7年を乗り越えたアイドルたち

ではさっそく見ていきましょう!

そもそも契約ってなに?なんのためにするの?

そもそも韓国アイドルの契約についてよくわからない、契約って実際どんな内容なの?なんのためにあるの?という疑問は詳しくはこちらの記事で解説しています▼

日本のような長期契約だと奴隷契約とみなされる?

2PM デビューから入隊期間を経て2021年で14年を迎えた

過去には日本の嵐ようにグループが存在する限り20年以上は余裕で契約し続けるケースが一般的ですが、韓国ではあまりにも契約期間が長すぎて「奴隷契約だ」という声が多かったため韓国の多くの芸能事務所では7年を基準に再契約するかしないかをアーティストに決めさせる手段をとっているんだそうです

そもそもなんで”7年契約”?

多くのグループが7年をひとつの区切りにしているのは理由があって、2009年に制定された「大衆文化芸術人(歌手中心)標準専属契約書」があるから。

この中で、最大契約年数が7年と決められていて、それに則る形でどこの事務所も契約を行っているからなんですよ。

これが制定されるまで、事務所と所属歌手が10年以上に渡って長期契約を結んで、不当な給与で働かされていたこともあったらしく、それを阻止すべく生まれたものらしい。

契約期間の種類

Kpop界隈は流れが早い分、アイドルが成長、大きくなる速さもかなり早いです。

契約期間も7年契約が一般的であって絶対に7年契約でないといけないわけではないんですね

中には2年契約でアーティストが大きくなってこれからだって時に契約が切れてしまう場合もあります

それでは契約期間にはどんな種類があるんでしょうか

2年契約

iz*oneはちなみに2年契約の短期アイドルで、すでに契約は切れ、それぞれメンバーは互いの進みたい道に進みましたよね

  • ウニョン→ IVE
  • 本田仁美→AKB復帰
  • 宮脇咲良→HYBE移籍
  • などなど…

この例で見るように、2年契約という限られた短い期間でもiz*oneのようにかなりの知名度を上げることができ、数ある賞を獲得することもできます

それでもやはり2年契約はファンからすると少し短すぎるのではないか、と思いますね(せっかくファンになった側からするとまだまだ活動できそうなグループが2年で解散するのは悲しいはずです)

2年契約の韓国アイドル
  • Kep1er (2021年デビュー〜2023年まで)
  • iz*one (2018年デビュー〜2021年)

7年契約

ほとんどのアーティストが7年契約ですが、契約前に突然解散してしまうケースももちろんあります

それこそGfriend(ヨジャチング)は韓国内でも

「GFriendは会社唯一のグループだから、しない方が変」

「GFriendは、個人活動が一切ないから、100パーセント再契約しそう」

といった声があったにもかかわらずデビューから6年で電撃解散をしてので、推せてるアーティストがいるのなら思いっきり今を楽しみたいですね

ほとんどのアイドルが7年契約満了でグループの生涯も終える

この7年契約はかなり徹底したもので、アーティスト自身にとっても7年も活動をすれば満了する頃には自分たちが自由に新しく挑戦してみたいこと(俳優業や恋愛など)がしたくなるんでしょうね、

それはもちろんアーティストも私たちと同じ人間なので恋愛なども自由にしたいわけです

アーティストとして長く活動する=グループとしての栄光=ファンとのつながり

となってほとんどのファンもこういった関係を望んでいるはずですよね

でもある一部のアーティストはファンに隠れて恋愛をしていたり、そういったケースも多々あります。それよりかは契約が満了し、個人のアーティストとして、もしくはグループのメンバーとしてではなく、いち芸能人として恋愛をするといったり、ジャンルに絞られない映画やドラマに出演できたりと、その方が気も楽になるんじゃなかな、と思います

魔の7年を乗り越えたアイドルたち

ほとんどのアイドルがこの7年契約に沿って7年の契約が満了すると解散する、というケースが普通のKポ界隈ですが、最近はこの7年契約を終えても成功し続けているというので、また再契約し、グループとして7年以上続けられている例もよく見るようになりました

JYPの2PM ==2008年デビュー / 2015年契約満了 / 再契約 ~2022年

JYPのTwice==2015年デビュー/ 2022年契約満了(まだ再契約するかは未定)

HYBEのBTS==2013年デビュー / 2020年契約満了 / 再契約を経る

コメント

  1. ナムジャ麺 より:

    記事読ませていただきました!
    わかりやすい説明ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました